パーカッションサイン Crossed Fist Percussion Sign

目的

  • 脊椎圧迫骨折を鑑別診断をするためのテスト

患者のポジション

  • 立位、鏡の正面

セラピストのポジション

  • 立位、患者の後ろ

手順

  1. 手のひらを患者の脊椎に当て、にぎり拳で叩く
  2. これを骨折の疑いのある脊椎一つ一つに行う
  3. 叩いた時の患者の表情を鏡で確認する

解釈

  • 鋭い、骨に響く痛みがあれば陽性

診断精度

  • 信頼性:不明
  • 感度 :87.5%¹⁾
  • 特異度:90.0%¹⁾
  • 陽性尤度比:不明
  • 陰性尤度比:不明

関連項目

参考文献

  1. 【Clinical Trial】Langdon, J., Way, A., Heaton, S., Bernard, J., & Molloy, S. (2010). Vertebral compression fractures – new clinical signs to aid diagnosis. The Annals of The Royal College of Surgeons of England, 92(2), 163–166.

関連記事

  1. ファーレンテスト Phalen’s Test

  2. Balance Error Scoring System (BESS)

  3. 片脚立位テスト Single-limb Stance Test

  4. 歩行テスト Self-Paced Walk Test

  5. レッドフラッグサイン 腰痛

  6. SLRテスト Straight Leg Raise Test