足関節背屈外反テスト Dorsiflexions-Eversions Test

目的

  • 足根管症候群の鑑別診断をするためのテスト

患者のポジション

  • 側臥位

セラピストのポジション

  • 患者の足の近く

手順

  1. 検者は、患者の足関節を背屈、外反させた状態で、すべての足趾を背屈させる
  2. この肢位を5−10秒間保持しながら、足根管のあたりを指でタッピングし、ティネル徴候を確認する

解釈

  • 痛みや痺れが誘発されれば陽性

診断精度

  • 信頼性:不明
  • 感度:81-92%¹⁾
  • 特異度:99%¹⁾
  • 陽性尤度比:82.7-84.1¹⁾
  • 陰性尤度比:0.08-0.19¹⁾

関連項目

参考文献

  1. 【Guideline】Mcpoil TG, Martin RL, Cornwall MW, Wukich DK, Irrgang JJ, Godges JJ. Heel pain–plantar fasciitis: clinical practice guildelines linked to the international classification of function, disability, and health from the orthopaedic section of the American Physical Therapy Association. J Orthop Sports Phys Ther. 2008;38(4):A1-A18.
  2. 【Clinical Trial】Alshami AM, Babri AS, Souvlis T, Coppieters MW. Biomechanical evaluation of two clinical tests for plantar heel pain: the dorsiflexion-eversion test for tarsal tunnel syndrome and the windlass test for plantar fasciitis. Foot Ankle Int. 2007;28(4):499-505.

関連記事

  1. Yバランステスト Y Balance Test

  2. スランプテスト Slump Test

  3. プローンニーベンド Prone Knee Bend  

  4. 頭頚部屈曲テスト Craniocervical Flexion Test

  5. ミルズテスト Mill’s Test

  6. 上腕スクイーズテスト Arm Squeeze Test